TOP|ATISの設立目的
この会は、ATIS〔英文名:Association of Technical Information Services〕(技術情報サービス協会)という。
なお、補助的に「技術サービス協会」という記載を併記することもある。
この会は、会員が行っている科学技術情報サービス活動、各種調査研究を通じて、わが国社会の情報化に貢献することを共通の目的とし、科学技術情報サービスに関する会員の知識・技術の向上に努め、あわせて同産業の振興をはかることを目的とする。
この会は、前条の目的を達成するために、科学技術情報サービスならびにその関連事項に関して次の事業を行う。
 
(1) 会員相互の情報交換
(2) 情報サービス利用者に対する啓蒙・教育
(3) 必要な調査研究
(4) 関係官庁あるいは諸団体に対する提言
(5) その他前条の目的達成に必要な事業
この会は正会員、賛助会員と特別賛助会員とで構成される。
正会員は、1.科学技術情報サービスを業としている法人で、2.その法人の親会社が、一部上場もしくはそれに準じる製造会社である。
賛助会員は上記2.の条件が満たされない法人で、本会の目的を資する活動をし、特許・科学データーベースを提供(単なる販売は除く)している法人。
特別賛助会員は従前正会員の資格を有しており、会社事情で本社等に統合され、かつ実質的にそれ以前と同様の事業を継続している法人。
特別賛助会員の役割や義務は賛助会員に準じる。