TOP|活動内容の紹介|最近の活動内容
ATISの活動年次は7月1日に始まり次年6月末に終了します
年初7月に総会を開催し、年間の活動、予算計画を決定しています

主たる活動は8月を除き毎月開催される例会と、分科会・研究会です
  1. I. 例会(会員相互の情報交換と懇親の場)

    最近の例会での活動は以下の通りとなります

    1. 講演会:年8回程度

      知財、最新技術動向など会員に関心の深いテーマを選び、各分野の第一線で活躍中の講師を招聘し、講演会を開催しています

    2. 施設見学:年2施設程度

      会員関連、一般公開の施設見学を実施しています

    3. シンポジウム:年7〜9回程度

      正会員による経営課題とその取り組みの紹介を行っています

    4. パネル討論:年1回

      会員に関心の高い特定テーマについて、有識者によるパネル討論を実施しています。テーマとして、例えば「AIを利用の特許調査業務」を選出しています

    5. 賛助会員による新商品、特異商品の紹介:年2回程度

      利用者として会員の関心が高い賛助会員商品、サービスの紹介を行っています

  2. II. 分科会・研究会(個別テーマに関する研究の場)

    以下の分科会を実施している(参加人数が少数の場合は研究会)
    1)調査業務運営、2)調査技術、3)特許マップ研究、4)知財分社経営、
    5)コーポレートサポート、6)特許情報研究、7)新興国の知財調査
    20名以下程度の少人数で、夫々のテーマについての研究を行っており、年に1〜2回の例会での報告と
    会員限定閲覧のホームページへの議事公開などにより成果を会員全体で共有しています。また、分科会(研究テーマ)は会員の関心に応じ、適宜設立・解散しています

  3. III. 幹事会

    上記活動を含む、この会の運営と企画の推進を、正会員の中から選出された幹事若干名、監事1名、および総務幹事1名からなる幹事会にて実行しています

  4. IV. その他

    1. 例会や分科会などの活動状況を、適宜ホームページで公開し、会員間の情報共有を推進しています

    2. 対外活動

      (財)工業所有権協力センター主催の「特許検索競技大会」を後援
      (独)工業所有権情報・研修館主催の各種研修を会員に紹介
      (財)日本特許情報機構「特許普及活動功労者表彰」に候補者推薦

    3. 表彰

      ATIS功労者表彰・感謝表彰(年1回)